※音声が出ますので、ボリュームを確認して再生ボタンをクリックしてください。

シーバス釣り中級者~上級者のバサーの悩みとは・・・

こんにちは。
ダイワ フィールドスタッフの山本典史です。

実は、ここ数年…

磯で出会う顔見知りアングラーから

山本さん、オレ20年釣ってるけど、もう最近上達せえへんわ~」という声や、
LBでシーバス釣ってる仲間がいないからマニアックな話の通じる相手がいない

という悩みを聞きます。

それって、寂しいことですよね。

ここ最近は、若者を中心にルアーフィッシングが盛り上がっているので、
書店の釣りコーナーに行くと「はじめてのルアー」という類の雑誌に、
初級者向けのDVDが付録で付いてくるケースが増えてきました。

しかし、ある程度の経験者であれば
そんなこと、わざわざ見なくても分かってるよ!」と思うのではないでしょうか?

あるいは「オレが知りたいのは、コテコテのマニアック情報なんだけど…
と思っている方もいるかも知れませんね。

実は、私も同じなんです(笑)

仕事でもスポーツでも同じだと思いますが、やっぱり、やり込んでいくと同じような
悩みにぶち当たるんです。

特に、「シーバスをLBで釣りたい!」というシーバスゲームを極めたい
上級アングラーは、自分の足と勘で釣ってきただけに、ある程度のところまで
上達してしまうと、「これ以上どうやって工夫すればいいのか分からない
という壁にぶち当たってしまうのです。

そこで、今あなたが…

でっかいヒラスズキをバンバン釣って家族や仲間に自慢したい!
狙ったポイントで偶然ではなく戦略的に大物を釣りたい!
LBを自在にコントロールして究極のフィッシングゲームを楽しみたい!

そう思っているとしたら、とても良いチャンスだと思います。

なぜなら、ルアー釣りにおいて、トップアングラーと呼ばれる私の
秘訣とテクニックを全て映像に収めたからです。

これまでにも数々の映像をインターネットやDVDで公開してきましたが、
はっきり言って究極のシーンはおさめきれていません。

それもそのはず!

釣り師なら当然のことだと思いますが、自分が釣ったデカイ魚は自慢したとしても、
魚場やポイント、さらに自分の絶対的なノウハウまでは教えませんよね。

ですから、私のブログでも大事なシーンはある程度カットしてあるのです。

しかし今回は、まったく違います。

シーバスアングラー(バサー)憧れのヒラスズキを、最新のレバーブレーキで極めたい上級者向けにスタートした企画なので、あなたの度肝を抜くマニアックな解説本格的な実釣シーンの連発です。

また「LB使ってるけど、あとちょっとのところでバラシてしまう…」という
中級者の方でも「ああっ!だから今まで釣れなかったのかー!」と、
これまでの常識を覆すシーンが期待できると思います。

私もプロとして恥ずかしい場面はお見せできません。

きっと、あなたの期待に応える一作だと自負しています。

最後までお楽しみ下さい。

もう、グレ釣りのノウハウ探しをする必要はありません

山本 典史 プロフィール
山本典史

藤原 義雄 (ふじわら よしお)

ダイワ フィールドスタッフ

【活動場所】 南紀(紀州)
【釣果実績】 ヒラスズキ 91.7cm、
マルスズキ 97cm
【得意釣法】 ルアー

※音声が出ますので、ボリュームを確認して再生ボタンをクリックしてください。

LBを使ったルアー釣り最新釣法で、シーバス釣りの憧れ、
スズキの最高峰、ヒラスズキを狙わせれば右に出るものはそういない。

1号ラインでランカーを仕留め、大物のスズキを数多く釣り上げる屈指のルアー名手。

地の利を活かして紀州のランカー釣り場を釣り歩くフットワークの軽さは定評がある。

なお、私が懇意にさせて頂いている釣り総合プロデューサーの森永誠氏から、
本DVD講座についてお言葉を頂戴しました。

釣行だけでなく、釣り関係の取材でもよくお世話になっている方です。

どうぞ、ご覧下さい。

釣り総合プロデューサー森永誠さんからの推薦コメントです。

森永誠

森永 誠(もりなが まこと)

1956年生まれ。
釣り総合プロデューサー。

泉州ハネ釣り研究会 顧問、
全日本サーフ大阪協会 サーフ和 顧問

日本初の釣り週刊誌「週刊釣りサンデー」
編集部員で25年在籍。

週刊誌廃刊後フリーとなり雑誌、新聞、テレビ、ラジオなど各メディアで活躍。

サンケイスポーツ、日刊ゲンダイ、週刊つりニュースなどで執筆中。 
釣りだけでなくボランティアにも積極的に参加。

※音声が出ますので、ボリュームを確認して再生ボタンをクリックしてください。

 

あなたは「退屈な釣りビデオ」に満足していますか?

もしも、あなたがルアー初心者だとしたら…

市販の釣りビデオや「THEフィッシング」などの釣り番組を見たら感動するかも
知れません。

思い返せば、私自信も…

オレも●●プロみたいにガンガン釣って自慢したい!」という憧れが
キッカケで、釣り雑誌を読みあさり、ビデオやDVDを見て研究しまくった時代が
ありました。

しかし、ある一定のレベルを越えると
はぁ~、そんなこと知ってるよ!オレが知りたいのはその先なんだよ!!
という腹立たしい気持ちになり、自分で試行錯誤を繰り返してきました。

実は、ここだけの話しですが…

私は素晴しい師匠に恵まれ、幸運にも「釣りビデオ」から卒業することができたのです。

それは確か…中2の頃だったと思います。

それ以来、私はどんどん腕を磨き、現在では日本を代表する釣りブランドの
パイオニアDAIWAさんのフィールドスタッフとして大好きな釣りを楽しませて
頂いています。

しかし、多くのアングラーは独学の自己流で釣っているため、上達しようにも
限界があるように感じる
のです。

最近の釣り雑誌やDVDは、「一般的な釣り情報」なので、私のように
LBで大物のシーバスをガンガン釣りたい!」という方には、少し物足りない
かも知れませんね。

上級者のあなたでも、こんなことで悩んでいませんか?

政府が発行する『レジャー白書』2007年度版によると、日本の釣り人口は1290万人と言われています。

最近では、若者はもちろんのこと、女性アングラーも珍しくありません。

それは大変良いことではありますが、その反面では・・・

10年・20年・30年のベテラン上級者は「聖地を荒らされたくない!」と思う方も
少なくありません。

実際に、休日や連休にもなれば
おいおい、魚よりも釣り人のほうが多いんじゃないか?」と思うほど
大勢の人が集まってきます。

そこで、われわれのようなマニアックなアングラーは、ソルトへ行き至高のターゲット
とか磯の荒武者と呼ばれるヒラスズキを狙いたくなるわけです。

しかも…デカイやつを連発で!

きっと、あなたもそう思われているのではないでしょうか?

しかし、このヒラスズキという魚は、海が時化れば時化るほどサラシに隠れながら
活発にエサとなるベイトを追い続けます。

そうかと思えば、非常に大胆なときもある。

ベタ凪澄み潮ベイト無しのデイゲームで、どこからともなくヒラスズキが現れて
アタリが来ることも!

本当に困った魚です(^^;)

また、警戒心が強く賢いので「マルスズキなら釣ったことあるけど、ヒラは…
というアングラーは意外と多いのです。

同じポイント、同じ道具、同じルアー…私とあなたの違いは、ほんのちょっとの差です。

われわれプロのアングラーでも「ガンガン釣れる絶好調な日!」と、逆に
ちょっと調子の悪い日…」があります。

もちろん、自然が相手なので私たちにはどうにもならないことばかりですが、
同じポイント、同じ道具、同じエサを使って、すぐ横でガンガン釣っている
アングラーもいるのです。

それも、アマチュアの方です(トホホホ…)。

そんなとき、冷静に考えれば
しまったなぁ、今日は○○○○してなかったなぁ」と悔やむのです。

この「ほんのちょっとの○○○○の差」が、実は大きな違いなんですね。

勘の良いあなたなら…
ちょっとしたコツをマスターすれば爆発すると思います。

もし、私があなたから「プロとアマチュアの違いって何ですか?
と聞かれたら…?

私は「勘が良い」という一言に尽きると思います。

もちろん、努力や根性という精神論は基本中の基本です。
しかし釣りに限っては、野球やゴルフと違い「自然が相手」です。

私は、この自然を相手にした場合、潮の流れや○○○○、○○○○など、
狙った魚がどのような動きをするか?ということを戦略的に考えられる読みが、
とても重要だと思うのです。

おそらく中級者以上の方であれば、この勘や読みはある程度備わっている
と思います。

ですから、
ガンガン大物を釣って自慢したい!」 
でも現実は
どれだけ頑張っても釣れない」という方は、

ちょっとしたコツをマスターすれば、自然と読みが的中するようになるので、
憧れの「大・爆・釣!」をゲットできると思います。

もしも、釣りの常識を覆すほどの本格的な教材があったら?

いま思えば、私自身が「大・爆・釣!」を連発できるようになったのは、師匠である
父親の影響が大きかったと思います。

実は、私の師匠というのは父親のことだったのです。

当時の私は、地元で一番釣りが上手いと鼻高々に自慢していたのですが、
父に釣りを教わったとき、その鼻は根っこからへし折られました。。。(涙)

悔しさ半分、今までの釣りの常識が覆った瞬間でした。

それからは、師匠である父の教えを素直に学び、あらゆる釣り職人から技を盗み
今日に至るわけです。

しかし、今は時代が大きく変わりました。

いや、時代と同時に、釣り人も、道具も、潮の流れも…

フィッシング業界にも大きな変化がある中で、昔教え込まれたやり方は全てが通用
するわけではありません。

それこそ、毎日が試行錯誤の連続です。

そこで、

今日まで蓄積してきた私の『釣り人生の全て』を、まるまる伝授できる
ような教材があったら、どんなに素晴しいだろう…

そう思っていたとき、この企画が舞い込んできたのです。

私が父親の恩恵を受けて、大好きな釣りを楽しませて頂いていることを感謝して
私の持っている全部を出そう!
そういう気持ちで、本格的な教材作りの映像を撮り始めたのです。

「こんな危険な撮影…ふつう絶対にやらないですよ!」

通常の釣りビデオの撮影というのは
○○という場所で●時から●時までの間で釣って下さい」という感じです。

もちろん自然相手なので、そこで狙い通りの魚が釣れなかったらお蔵入りになる
ケースが多いのです。

しかし、今回は気合いが違います!

何人もの撮影チームが、1泊2日の密着取材から、その後も数ヶ月に渡り、
何度も撮影を重ねました。

納得の映像が撮れるまで、取材した時間を含めると合計100時間超
本格的取材です。

撮影チームは、重いカメラ機材を右手に持ち、左手で危険な岸壁によじ登り、
高台でカメラを構えて時を待っています。

まだ、夜が明けきらない「命がけの撮影」です。

海面から突き上げるような激しい波しぶきの中で、自分の持っているテクニックの
全てを駆使してサラシの切れ目に針を投げる。

波間に漂うウキが、押さえ込まれるように沈んだ後、加速しながら海中に
吸い込まれていくタイミングで、針先を乗せる程度のソフトなフッキングを入れると、
文句ナシのアタリが腕にガツン!

すると突然「ボッ、パーンッ」と乾いたシーバスの捕食音が・・・。

オッシャー、来たでっ!! ランカーや!

あなたの度肝を抜く実釣シーンの連発です。

ルアー名手、山本プロが明かした「ヒラスズキLB必釣法」とは?

大迫力の映像でモチベーションが上がったところで、肝心のコツをマスターして
頂く訳ですが、何をマスターするのか?という問題は人それぞれだと思います。

ここで「ヒラスズキLB必釣法」の一部をご紹介すると…

1.名手山本典史直伝、釣れるポイントの見極め方とは!?

一般的にサラシを狙えと言われているヒラスズキ。
しかし、サラシと言っても様々な場所があります。

どういうサラシが釣れやすいのか?
どういうポイントが釣れやすいのか?

高台からのポイント解説をします。

2.名手山本典史が教える、初めてのポイントでも釣れるプランニングとは!?

ヒラスズキは、やみくもに釣りに行っても、釣れる魚ではありません。
特に、初めてのポイントだと、より難しさが増します。

ではどうすれば効率よく釣れるようになるのか?

それは毎回の釣りの時に、プランニングを立てることにあります。
そのプランニング次第で、グッと釣果が変わります。

そのプランニングの立て方のコツをお教えします。

3.名手山本典史が教える、ヒラスズキ釣りの楽しみ方とは!?

ただ釣り上げるだけではなく、「あること」をすればもっと楽しめます。
その「あること」をあなたにお教えします。

これであなたも「ヒラスズキ通」!

4.ルアー釣りの名手、山本典史はどんなタックルで釣っているのか!?

シーズンに関係なくヒラスズキを求め、そして釣り上げる。
そんなルアー釣りの名手、山本典史が使いやすいというロッド・リールとは?

それぞれオリジナルではなく、
市販品ですので、
あなたでも揃えることが十分に可能です。

5.13フィート(3.9m)の竿を使うその最大の理由とは!?

最初に聞いたら13フィートは長いと思うかも知れません。
しかし、13フィートを使う理由はこんなところにあるんです。

6.竿が長ければ飛距離が出ると勘違いしないために知っておくこととは!?

一般的に長い竿の方が、ルアーの飛距離が出ると言われていますが、
ことヒラスズキに関してはそうでもありません。その理由とは?

7.LB(レバーブレーキ)を使う最大の理由とは!?

魚が走ったりしたときに、こちらで自由に糸を出すことができるのは
当然のことながら、レバーブレーキを使うことの最大の理由
違う点にもあります。

その理由を全てお伝えします!

8.ヒラスズキを釣る時のリールを3000番にするその理由とは!?

「ゴリゴリ巻いてぶっこ抜きたい!」 そう思っている方もいるかもしれませんが、
安心して使うためには、4000番台が必要です。

しかし4000番台にしてしまうと・・・
何故2500番や4000番がダメで、
3000番なのか

その理由をお教えします。

9.ヒラスズキを釣るために必要な最大のキモとは!?

ヒラスズキを釣ろうと思えば、タックルも必要ですが、「ある大事な心掛け」が
最も大事なキモです。

その心掛け次第で、釣果が変わると言っても過言ではありません!
ヒラスズキを釣るための心掛け、あなたにきっちり伝授します!

10.ラインをPEの0.8号という細さで取り込む、そのこだわりの秘密とは!?

0.8号といえば、エギング(アオリイカ)で使う太さです。
その細糸で、めちゃくちゃパワーのあるヒラスズキを取り込むその秘訣とは?

11.リーダーを1.5~2.0mと短くする、その最大の理由とは!?

通常ではもっと長くするリーダーですが、
私は、1.5~2.0mの長さにしています。

その理由は、「効率良く釣るため」にあります。
その具体的な詳細を包み隠さずお伝えします。

12.名手山本典史直伝、道糸とリーダーを結ぶ最強の結合方法とは!?

確かに電車結びでも問題はないかもしれません。
しかし、少しの工夫でその強度が何倍にもなる結び方があります。
しかも、結び目を小さくすることで、大きな利点も生まれます!

小さいのに高強度、
そんな便利な結合方法
をあなたにそっと伝授します。

13.根ズレでリーダーに傷がつく、その範囲とは!?

実は、リーダーに傷がつく範囲は決まっています。
その範囲を知ることで、余計な心配も減ります。

14.ルアーの結び目を、スナップではなく必ず直結するその理由とは!?

最近では、ルアーをスナップで付ける方も多くなっていますが、
私はオススメしません。

その理由は、スナップでは「あること」に
気付かずに釣り続けてしまう
からです。

その「あることの対策をすることで、あなたの釣果も変わります。

15.ルアーの種類・カラー・サイズ、適切なルアーを見極める方法とは!?

現在市販されているルアーは、その種類、カラー、サイズなど、
さまざまな物が出ています。

釣り具屋に行っても迷うばかりでしょう。

その中でもあなたに合ったルアーを
見極めるために、まずすることとは?

16.名手山本典史がオススメするそのルアーとは!?

「どのルアーを使えばいいのかわからない・・・」
そんな悩みも多いことかと思います。

そんなあなたに、私が過去にヒラスズキを釣りあげた最強のルアー
をお教えします。

もちろん市販されていますので、安心してご利用になれます。

17.誘いのルアー、食わすルアーの使い方とは!?

ルアーを2種類以上使い分けることで、ヒラスズキを誘い出して、
その上で食わす事も出来ます。

そのために使い分けるルアーとは?

18.サラシが大きい時、波が少ない時など、状況に応じたルアーの使い方とは!?

ミノー、バイブレーション、ペンシルなどなど、ルアーには様々なものがあります。

それらをしっかり使い分けることで、あなたの釣果は数倍変わります。
その秘訣をお教えします!

19.やみくもにサラシに向かって投げないその理由とは!?

サラシがあるからと言って、何も考えずに投げていてはもったいないです。

着水時にもアピールすることで、ヒラスズキと出会える確率がグンと上がります。

効率良くヒラスズキと出会えるために投げるタイミングとは?
あなたもこれでヒラスズキと出会えるでしょう!

20.ヒラスズキがくわえてから手元までかかる時間とは!?

いくらPEラインを使っているからといっても、
一瞬で伝わってくるわけではありません。

「えっ、そんなにかかるの?」という時間がかかっています。

そのタイムロスでバラすことも多い中、
名手山本典史氏ならどう合わすのか

その秘密を全てお教えします。

21.ヒラスズキのアタリが出たときに合わせるタイミングとは!?

ウキ釣りの場合は前アタリがあったりしますが、ルアー釣りの場合は違います。

どのタイミングで合わせれば最もバラしにくいのか
そのタイミングを細かく説明します!

22.名手山本典史直伝、極限までバラしを減らす秘訣とは!?

どれだけ釣れる場所でも、技術と知識がなければ釣れません。

その大きな原因がバラしてしまうことにあります。

効率良く、しかもバラしを減らすためにも、
要所要所で針を変えることやチェックすること、
また、適切な針の太さにすることで
あなたの釣果はグッと変わります。

23.エラアライを上手にかわすコツとは!?

マルスズキとは違い、ヒラスズキならではのエラアライというものがありますので、
それを知っておくと、事前の対策もできます。

ヒラスズキ独特のエラアライとは?
そのときのLBの使い方はどうするのか?
竿さばきはどうするのか?

包み隠さずお伝えします。

24.ヒラスズキを釣り上げるために、必ずしなければならない、その行動とは!?

竿・リール・ルアー、それぞれ揃えた。
さあ後は釣りに行くだけ!

その時、ヒラスズキを釣るために必ずしてもらいたいことがあります。
これさえ守っておけば、釣れるようになります。

あなたに喜んで買って頂ける価格に設定しました。

さて、このDVDは「単なる釣りビデオ」ではなく、あなたの腕を磨く本格的な教材
ということがお分かり頂けましたでしょうか?

そして、今まで「ガンガン大物を釣って自慢したい!」でも現実は「どれだけ
頑張っても釣れない
」という方も、これからの釣り方に革命を起こす方も出てくる
のではないでしょうか?

私は、あなたに喜んで買って頂けるような値段設定が好ましいと考えております。

しかしながら、

何名もの撮影スタッフがトータル100時間以上かけて撮影し、編集作業を入れると
膨大な時間と撮影コストがかかっていることがお分かり頂けると思います。

初期コストを回収する事だけを考えたら、きっと10万円以上で販売しないと
割が合わないと思うのですが、このご時世では現実問題として49,800円が
限界だと思います。

この49,800円という値段が高いか安いかという判断は、私では分かりません。

しかし、私の「釣り人生のすべて」を出しつくしたわけですから、それなりの金額を
出す価値があると思っています。

念のため、釣り仲間の友人にも意見を聞いてみたところ…

んん~、すごいのは分かるけど…
インパルトα2500LDBと同じ値段じゃないか?

それを聞いた私は、思わず納得してしまいました。

確かに、高価なルアーと同じような値段で販売することは、どちらかを
諦めなければならない人も出てくると思います。

そもそも、私がこの通信講座を作った理由は、父である師匠からここまで育てて
もらったフィッシング業界全体への恩返しでもあるのです。

そこで、販売会社の担当者に頼みこんで、この通信講座一式(DVD2枚組)
19,600円にして頂きました。

さらに・・・

今回、無事に通信講座を販売することができましたので、
販売スタートキャンペーンとして、
キャンペーン期間内にご決断頂いた方に限り、
驚き特別価格8,000円にてご提供させて頂きます。

この特別価格はキャンペーン期間限定での特典ですので、
本気でシーバスゲームの極みを体験したい方は、お急ぎ頂くことをオススメします。

 ※ 販売キャンペーンは予告なく終了しますので、ご了承下さい。
それ以降は定価(19,600円)での販売とさせて頂きます。

上記をクリックして決済ページにお進み下さい。
(クリックするだけでは決済は完了いたしません)

ご注文殺到のため、決済ページが開かない場合がございます。

その場合は恐れ入りますが、
再度ご注文ボタンをクリックして下さいますようよろしくお願いいたします。

決済について

【ルアー釣り名手、山本典史のヒラスズキLB必釣講座】のお支払いはクレジット決済代金引換
となっております。
【ルアー釣り名手、山本典史のヒラスズキLB必釣講座】の代金は19,600円8,000円です。
【ルアー釣り名手、山本典史のヒラスズキLB必釣講座】は送料、代引き手数料は全て無料です。

ヤマト運輸の担当者が直接ご自宅までお持ちします。

代金引換をご希望の際は、その場で代金19,600円8,000円をお支払い頂き、通信講座一式を
お受け取り下さい。(おつりはヤマト運輸担当者の方で用意しておりますのでご安心下さい。)

8,000円でのご購入は、販売スタートキャンペーン期間内のみとなっております。

この特別価格はキャンペーン期間限定での特典ですので、
本気でハネ釣りをマスターしたい方は、お急ぎ頂くことをオススメします。

※ 販売キャンペーンは予告なく終了しますので、ご了承下さい。
なお、それ以降は定価での販売とさせて頂きます。

発送について

【ルアー釣り名手、山本典史のヒラスズキLB必釣講座】はヤマト運輸の発送システムを使い
安全・安心にご自宅まで直接お届けに参ります。

品名  : 「通信講座」
送り主 : 「合同会社ビジョン・プランニング」としてお送りいたします。

ご注文後、遅くても3営業日以内に発送いたします。

お客様の個人情報は保護されますのでご安心下さい。
配送は国内のみとなります。
受付は24時間365日可能となっています。

さらに・・・これだけではありません。2大特典が、あなたをバックアップします!

【特典1】『ヒラスズキ 対談DVD (全●●分)』

ルアー名手、山本典史と
釣りプロデューサー森永誠氏の対談DVD

【特典2】『ルアー名手、山本典史による現場でのアドバイス』 Priceless 

ルアー釣り名手、山本典史が直接あなたに
アドバイスします。

場所は、山本さんのホームグランド南紀(紀州)です。

ヒラスズキを求めて南紀(紀州)中を駆け巡って
いますので、
ご購入者であれば、遠慮なくお声を掛けて頂ければ
と思います。

海とグレを愛し続ける人生

上記をクリックして決済ページにお進み下さい。
(クリックするだけでは決済は完了いたしません)

ご注文殺到のため、決済ページが開かない場合がございます。

その場合は恐れ入りますが、
再度ご注文ボタンをクリックして下さいますようよろしくお願いいたします。